開発秘話

『CoRoCo』プロジェクトから見る新事業立ち上げのノウハウ

多くの企業が課題として抱えているであろう新事業の創出。これは、東京貿易マシナリー株式会社(以下、TBM)も同様でした。そうしたなか、私たちはCoRoCoのリリースを迎え、長年の課題を乗り越えようとしています。ここでは、このプロジェクトを通して得た新事業立ち上げにあたって重要なポイントをまとめていきます。同じような課題や悩みを抱えている方、あるいは興味がある・挑戦したいといった方は、ぜひご活用ください。

double_arrowSCROLL
開発
people
商品企画
add_circle_outlineポイント
市場の問題を解決する手段である商品やサービスを具体的に定義し、企画書に落とし込みます。企画書は実行する人間の情熱も共有するツールであり、機能すればステークホルダーが同じ熱量を持って企画に向き合えるようになります。
desktop_mac
基本設計
build
プロトタイプ製作
assignment
詳細設計・評価
生産・アフターサービス
room_preferences
生産
message
アフターサービス
leaderboard
マーケティング
(市場環境分析)
add_circle_outlineポイント
社内からアイデアを集め、活用できる資源を抽出してプロジェクトチームを編成。ビジネスの仕組みを構築します。アイデアを具体化し事業としてスタートさせるため、また開発にあたって社内外の理解を得るために、事業構想書の作成は欠かせません。さらに事業を構築しその質を上げるよう、市場環境のリサーチを行って市場の機会と脅威を分析し、戦略課題の抽出を行っていきます。
fact_check
マーケティング
(検証)
add_circle_outlineポイント
具体的に定義した商品企画に沿ってプロダクトデザインを確定します。そのプロダクトデザインや仕様が市場ニーズにマッチするかを検証するため、プロトタイプを製作し、展示会へ出展。顧客体験の場をつくり、ヒアリングを実施します。仮説検証して得た情報を詳細設計に活かします。
verified
品質保証
その他の取り組みポイント
  • fiber_manual_record打合せ体制の工夫
  • fiber_manual_record開発体制表作成