【業界コラム】製造業の物流改革と技術発展 | [SEEDs ロボティクス]TBグローバルテクノロジーズ株式会社
お役立ち情報

コラム
schedule2021.08.31

【業界コラム】製造業の物流改革と技術発展

【業界コラム】製造業の物流改革と技術発展

製造業でも「物流改革」の動きが盛んに

ドライバーの人手不足。再配達の頻発。配達料の値上げ。

昨今の物流業界を取り巻く「物流クライシス」。その解決策として発展してきた「物流テック」自動化・省人化のロボットなどが注目を集めています。(某最大手通販サイトの自動倉庫をイメージするとわかりやすいかもしれません)

じつは最近、製造業でも「物流改革」の動きが盛んなんです。自動車メーカーなど大企業において、トップの「物流改革やれー!」の大号令のもと、プロジェクトチームを組んで改革を進める動きが起きており、中小企業もそれに注目・追随しているもよう。

なぜこのような動きが出てきたか?

日本の製造業といえばトヨタのカイゼンにみられるように、生産現場のムダ排除・安全確保を徹底してきた歴史があり、現在までそのための技術 = 生産技術が発展し、成熟しつつあります。
生産のカイゼンが成熟してきた中、人材不足や物流コスト増などの課題を背景に、そのカイゼンターゲットを、今まで手つかずだった物流にシフトしたと見られます。

物流といってもその意味は広く、工場でのモノの移動はすべて(入出庫や部品供給なども)物流

CoRoCoのような構内物流を支援する機械、中でも無人のものはAGVAMRと呼ばれ、(AGVは昔から存在しますが)近年は各社こぞって開発し、爆発的に製品が増えています。自律走行技術も発展が進み、様々な種類(下図参照/CoRoCoの技術はAGV/AMRに属さない)があり、もちろんそれぞれメリット・デメリットがあります。なかでもコストは大きな課題・・・。今後の動向に注目です。

自律走行技術の世代と誘導方式
図:自律走行技術の世代と誘導方式

いまはいろいろなAGV・AMRが出てきていますが、環境に合わなかったり、費用対効果が見いだせなかったり、と、課題は多くあり、真の改善につながらないケースを多く見てきました。

物流改善でお困りでしたら、まずは私たちにお気軽にご相談ください。

商品に関するご質問や
お見積りのご相談などありましたら
お気軽にご連絡ください。

chevron_rightお問い合わせはこちら