お役立ち情報
レポート
schedule2020.12.01

社内ハッカソンを実施しました

先日、自社で企画したハッカソンを実施いたしました。

(株)TKアジャイル/髙栁代表のご指導の下、
8名・3チームが、それぞれ開発テーマを決めて取り組みました。

チームは事務局が無作為のあみだくじで決めましたが、
理系男子チーム・文系男子チーム・女子チームときれいに?分かれました。

開発テーマは「社会の役に立つもの」「お金を極力かけないこと」
といった前提条件で制限を設け、
各チームともメンバー間でしっかりコミュニケーションを取りながら、
開発の内容を深めていきます。

コロナの大変な時期を挟み、数カ月かけて、
・企画構想
・ツール選定
・部品調達
・下地作り
といった準備を進めていきました。

ソフトウェアに限らず、ハードウェアを開発するチームも!
各チームとも、はん用のもの、オープンになっている技術など、
いろいろなツールやデバイスを複数組み合わせてつくり上げていきます。
 

ハッカソン自体は、1日半。
1日目はひたすら開発・開発・開発・・・夜に大急ぎで翌日のプレゼン準備。
2日目の午前に、プレゼン・評価・授賞式をおこないました。

もともとの計画ではオフィスを離れて合宿形式でやるところを、感染状況を考慮し、本社会議室実施に。

講師に相談する文系男子チーム
理系男子チームはハードウェアも
パソコンの画面を操作する女子チーム

適宜髙栁講師にアドバイスを求め、チームに応じた指導を入れていただきました。

1日じっくり課題と向き合い、無事に3チームともプロトタイプを完成!

そこから大急ぎで翌朝のプレゼン準備に入り、夜を迎えます。。。

翌朝2日目の各チームのプレゼンは、それぞれの個性が光るもので面白く、
開発テーマの詳細(背景となる世の中の課題、課題解決・開発の方向性、開発内容等)、
プロトタイプの実演、そして今後のブラッシュアップ計画が説明されました。

チームごとにプレゼンテーションを実施

独自の評価基準にもとづき、全員が各チームを採点しました。
最優秀賞は・・・女子チーム!

賞状を受け取る女子チーム

それぞれ今後製品化できそうなレベルの仕上がりになったので、
いまこのタイミングで開発テーマを公表することはできませんが。。。

MVPも発表され、MVPに輝いた2名は現在、RPA実践プログラムに挑戦中。

今回の全チームのプロトの出来栄えもさることながら、
なによりメンバー全員が一生懸命楽しんで取り組む姿が印象的でした。

和気あいあいとした雰囲気の参加者

次回がますます楽しみ。
 

わたしたちは年間通じて社内研修をおこなっています。
月1回程度、座学でビジネス上必要最低限の情報セキュリティ・情報技術関連知識を身につけていくほか、
年1、2回は今回のハッカソンのような実践的なプログラムをおこない、
チームビルディングと企画構想力、プレゼンテーション力の向上、
新しいことがどんどん生み出される素地の構築に努めています。
 

SEEDsロボティクスでは、こういった研修・セミナー企画サービスもおこなっています。
気になられた方はお気軽にお問合せください。

■お問合せ先:support@seeds-robotics.jp
■ハッカソンとは?:https://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/hackathon.html
 ※出典元:一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンターHP
■(株)TKアジャイルさま紹介ページ:https://seeds-robotics.jp/partners/142/

商品に関するご質問や
お見積りのご相談などありましたら
お気軽にご連絡ください。

chevron_rightお問い合わせはこちら